第2回: Q&A その1-1 親が子供の学力を把握する必要性

第2回: Q&A その1-1 親が子供の学力を把握する必要性 : 中野区(東京都中野区新井)の自立型個別指導学習塾です。お子さま一人ひとりの個性と学力に合わせた完全オーダーメイドの個別指導を行います。まずは無料の入塾体験から!お気軽にお問い合わせください。

お問い合わせ

受付時間(電話対応)月~土曜 10:00~22:00

TEL:03-5942-4693

第2回: Q&A その1-1 親が子供の学力を把握する必要性

早速、ブログを読んでいただいたお母さまからご質問を頂きました。

Q:「子供の学力を親が把握する必要はあるのでしょうか。
塾(アイル学院)が把握して改善してくれればそれで良いのですが・・・」

A:ある程度の学力(偏差値50以上 中一中二生であれば定期テストで平均点程度)がある、
もしくはそれ以上に学力あるお子さんであれば、塾(アイル学院)が把握するだけで
充分改善可能です。

上記のお子さんであれば、指導はさほど難しくないです。
「分からない」と手を挙げた問題でも、こちらが解説をしている間に
【あ、わかった】と声をあげてくれることが多いです。
基本がしっかり出来ているな、学力があるな、と感じます。
いったんしっかり理解出来ると、その後は簡単に忘れなくなります。
また勉強に対する自信もつき、自力で解決する能力がどんどん高まります。
そうなると、あとは「志望校との学力差」をどう埋めるかに掛かってきます。

ただし成績が右肩上がりに伸び続けるというのは考えづらいです。
定期テストの点数が上がってくると、「勉強のやり方が分かってきた」とご父兄様は考えがちですが、
成功と失敗を繰り返しながら、本当の意味で「(自分なりの)勉強方法」
「(自分なりの)勉強に対する考え方」が身についていくように、セッションを重ねていくのが
当塾のやり方ではあります。
失敗の経験を乗り越えた分、本番の受験で「底力」が違ってきます。

(第3回へつづく)