見出し背景

よくあるご質問

Q どの学校の生徒さんが多いですか?また進学状況も教えてください。
A 近隣の公立中学の生徒が多いですが、中野という場所柄もあり、国立私立の小中学生も多くいます。この3年間での高校合格実績は、都立石神井高校、都立鷺宮高校といった中堅クラスの都立高校合格者が多いです。私立高校になると、高校はマチマチですが、単願推薦で決められる場合がほとんどです。
Q 塾生は週にどのくらい通っていますか?
A 週3回以上で通塾される塾生が一番多く、次に週2回、週1回と続きます。「今の現状を何とか変えたい!」という意欲のあるお子さんが多いです。また中学3年生は部活引退後、通塾回数が増える傾向にあります。
Q どんな風に塾を活用していますか?(小学生)
A 小学生は進路によって対応が異なります。
公立中学進学組は、進学時に「勉強についていけない」ことがないように対応しています。
算数を苦手にしているお子さんが多いです。
そのようなお子さんが公立中学進学後、何の準備用意もないまま中学数学に突入するとどうなるかは、おおよそ予測がつきます。お子さんの特徴を速やかに把握して、中学数学を無理なく進められるように出来ることを心掛けています。そのようなお子さんは早くからお預かりさせていただくのに越したことがないです。算数に自信を持たせ、算数嫌いにさせないのが一番です。
算数が得意なお子さんは英語ですね。
英検取得を目標に、英語の勉強が「楽しい!」と感じてもらえるように、工夫して進めています。 小学生の間に英検3級取得したお子さんは過去に数名いますが、そのようなお子さんは中学に上がってからも英語は得意科目です。どんどん夢も広がっていくようです。
もうひとつは国私立受験組です。
以前に私立中学受験を目指して頑張っているものの、大手塾のスピードについていけず、 模擬試験を受けたら希望校の合格圏内どころが志望者順位で最下位だった、そんなお子さんが 当塾を訪ねてくれたことがありました。
ご父兄様も「中学受験はもうしなくて良いから!」とお子さんに伝えたものの、 お子さんの方が「あきらめたくない、頑張りたい!」ということで、当塾に白羽の矢がたった次第でした。
そのお子さんは志望校は変更したものの、面倒見の良い素晴らしい私立中学に合格されました。
そのお子さんの価値観を理解し、鋳型に填めず、暖かく励まし続けていくこと、 長所を早くみつけて、とことん伸ばしていくことが大事と考えます。
高い目標を掲げ、一心不乱に頑張る姿は神々しいです。出来るとか、出来ないとか、小さい話に思います。「受験って素晴らしいな!!」いつも思う次第です。
お子さんの本来持っている素晴らしい素養、センス、眠れる才能を開いていくための 一助が出来ると嬉しいところです。
Q どんな風に塾を活用していますか?(中学生)
A 中学生は「定期試験対策」と「高校受験対策」がほぼ100%です。
また、中学の間に英検準2級まで取得したいというお子さんが多いので、英検対策もやっています。最近は高校入学までに「英検2級までは取得しておきたい!」と年々エスカレートしていく傾向にあります。通常授業以外にも、土日に臨時の塾を開いており、都度、定期試験対策、英検対策など対応しています。
Q 小学生・中学生どちらが多いですか?
A 現在は中学生2:小学生(4~6年生)1の割合です。今後はより早期(小学1年生)から対応できるようにしていきます。
Q 土日はやっていますか?
A 定期テストの直前や年末年始の中高受験直前は土日も塾を開いています。
無料での補講から特別対応のレッスンまで幅広くやっています。
Q 振り替えは可能ですか?
A いつでも可能です。
体調の悪い時、特に疲れすぎているときは、『無理して塾に来ないで振り替えよう。』と伝えています。
Q 料金は高くないですか?
A 週3回以上での通塾では、全国でTOPクラスの安さではないか、と自負しています。
Q 部活との両立は難しくないですか?
A 上記の通り、他塾ではありえない振替制度です。部活との両立はご安心ください。
ただ座席数にも限りがありますので、募集は定員を設けていますが、 希望が重なる場合もあります。あらかじめご承知ください。
Q 夏季・冬期・春期講習はありますか?
A 夏期は授業時間を通常の時間帯と変更して対応しています。
(2018年夏は、平日朝9時半から12時半 夕方4時から7時の2部制で対応)

やみくもに授業をこなしても、勉強習慣が身についていないお子さんには効果薄です。 「塾に行って安心して終了」パターンになりますので、この夏期の時期こそ、 綿密にそのお子さんの状況に応じた学習計画の実行が大事になります。 よって夏期講習はオーダーメイド対応です。
偏差値60前後のお子さんであれば、苦手克服をどうするか、 また偏差値40前後のお子さんであれば、「やる気」はあっても、瞬間的なもので、 実行出来ずに終わることが多いのが実情です。
どうしたら苦手克服できるか、どうしたら勉強に対する自信をつけていけるか、 特に受験直前の中三生、小6生は授業のコマ数云々ではありません。
軌道に乗せるにはどうすればいいか、その上での各期講習になります。
Q 1年生の基礎から指導して欲しいのですが…
A 学校授業のスピードについていけない特別な対応が必要なお子さんも中にいます。
無理してでも、学校授業のスピードに合わせようとお尻を叩くご父兄様も中にはいますが、それではお子さんに何も残りません。ご父兄様の希望に添えないと判断した場合は、ご入塾をお断りする場合もあります。

違う意味で学校の授業スピードについていけないお子さんもいます。 「一瞬ボケっとしたら、何が何だか分からなくなった・・・・」 その場合は、必要なところだけ補えば、本来の位置に戻ることが出来ます。
1年生の基礎から指導して・・・にも理由が人それぞれあるかと思います。 それぞれのお子さんに合わせ的確に対応していきます。
Q 個人塾の場合、受験情報は少なくないですか?
A 東京の中学高校の受験情報をくまなく調査しているわけではないので、受験情報自体は少ないかもしれませんが、 希望志望校の説明会情報を入手し、過去問対策をしっかり取り組み、その傾向を掴み、自信を持って受験に臨むことが出来れば良いわけですから、そういう意味では、しっかり取り組めているかと思っております。
また、100点満点の学校選びではなく、何を優先するか、「絞るご相談」そして、そこからどう志望校選びをしていくのか、に関しては随時対応させていただいております。
Q 英検・数検・漢検は勉強できますか?
A 英検…希望がありましたら、しっかり対応させていただきます(小・中学生)。
数検…希望がありましたら、対応可能です。
漢検…現在は対応しておりません。今後対応していきたいと思っております。
Q 一時的に休止できますか?
A 応相談になります。