漢字学習

アイル学院の小学生1年生から4年生対象の国語講座では、書く指導を積極的に行っていきますが、
同時に使える語彙・言葉の数も増やしていきます。
一番は漢字指導になります。漢字を得意にしているお子さんであれば、
「漢字をたくさん知っていることは、とても、かっこいいこと!」
「文章を書くときに辞書を使って、もっともっと、たくさんの漢字を使おう!」
「熟語やことわざを使って、より説得力のある文章を書けるように練習しよう!」
そんな風に、意欲に燃えて学習出来るようにしてあげたいところです。
小学1年生から4年生の間に、その道筋を整えてあげることが重要です。

 得意なお子さんとは逆に「漢字は苦手。漢字の勉強は好きになれない。」というお子さんもいます。
漢字学習には、「読み書きの練習ばかり。意味など二の次。」そんなイメージがありますが、
漢字、熟語、四字熟語、故事成語、反対語などを覚え、それらを生活の中で、楽しく使いこなしてこそ、
眠れる文才、書く力が開花していきます。
書く力 漢字学習を夢中になって取り組めるようにしてあげたいところです。
アイル学院小学1年生から4年生の国語講座は書く力に加え、漢字学習に力を入れていきます。
またアイル学院での漢字学習は、のちのち英単語の学習にも生かされていきます。
しっかり紐づけていきたいところです。