鋳型にはめ込まない

鋳型にはめ込んだ、マニュアル対応では絶対無理と書かせていただいたのが、段階3以下のお子さんです。
お子さんの学力は、十人十色・千差万別です。同じような学力のお子さんはいっぱいいますが、
その中身はまるで違います。それゆえに、大筋の指導パターンは同じでもその後の、
細部・枝葉で、同様の鋳型にはめ込んだ指導をしても、あまり意味をなさないのは言うまでもないことでしょう。

段階3以下のお子さんと話をすると、決まって「勉強出来るようになりたい!」と言ってくれます。
お子さんが、勉強出来るようになりたい!という意欲を妨げている環境があることを、
ご父兄様が、まず気づいてあげないといけません。

「勉強出来るようになりたい!」
「だったら、家でダラダラしないで、もっと勉強頑張らないと・・・」

その会話が通用するのは段階4以上の学力の備わっているお子さんです。
段階3以下のお子さんは、(勉強が出来るようになりたい!)意欲はあっても、勉強に対して自信が無い。
自信がないから実行力が乏しい。
これに尽きます。
勉強出来るフリをする・少しできたら、もう出来た!と思いこもうとするタイプ周囲の学力の高いお子さんと比較して、
「自分には無理!」と決めつけてしまうタイプ
に分かれます。

段階4以上のお子さんでも、上記のお話が、当てはまる場合も多々あるのですが、プライドを傷つけず、
「それは違うよね」と気づかせることが出来れば、その後は、比較的容易です。
真に気づいて、改心出来たら、トントン拍子で成績が上がっていくのが、段階4以上のお子さんの特徴です。
軌道に乗るまで、決して焦らないことです。そのようなお子さんは、軌道に乗ってしまえば、
ある程度、鋳型にはめ込んだ指導をしたとしても、自力解決能力が高まっていますから、何ら問題ありません。
気の緩みからくる油断油断から魔が差す瞬間があります。
それにやられないように、注意してみてあげることが一番重要だったりします。

段階3以下のお子さんも、「分かると出来る、それは違うよね」と伝えれば、気づかないわけではありません。
しかし、それ以上に、分かると出来るの違い、それに気づいたところで、大差はない。
出来るようになりたいけど、簡単ではない、
諦めの表情を浮かべる場合が多いです。
中学生以上になると、諦めの色が濃くなります。
「勉強何とかして頑張りたい!」前向きな意欲と、「どうせ無理・・・」相反する思いが綱引きしている状態です。
そして「どうせ無理・・・」という思いが「勉強何とかして頑張りたい!」という思いの足を引っ張っている感じです。
そのような状態のお子さんに、「勉強出来るようになりたい!」「だったら、家でダラダラしないで、もっと勉強頑張らないと・・・」
お子さんにしても、その通りなのは、分かっているけれど、足を引っ張る何かが存在していることを、
大人が知ってあげないといけません。
段階3以下のお子さんは、自信の無さを知ってあげて、プライドを傷つけることなく、
自信の無さから脱却していくシナリオを描いて、お話を進めていかないといけません。
これが段階3以下のお子さんには、非常に重要ではないか、と思います。