約半年ぶりのブログです!①

 

塾生が、新型コロナで陽性になりました。
すでに体調も回復し、自宅学習に励んでいます。

保護者様のお話では、
「小学6年間で風邪ひとつ、ひかなかった」
とのこと。

丈夫でたくましい健康な体をお持ちのお子さんだけに、驚き、ご心配も相当なものがあったと思います。
早期回復、何よりでした。

 

実は、当塾で塾生が新型コロナで陽性になったのは、今回で3回目です。
落ち着いてはきましたが、「まだまだ油断はできない」と改めて思いました。

現在のはやり病は、ただの風邪の症状とさほど違いはないようですが、ずっとデルタ株だ、オミクロン株だ、と変異をつづけています。

今後、どう変異するのか。
また新たな感染症が輸入されてしまうのか、さまざまな立場の方が全く違う意見・見解を述べていて、どれが正しいのか判断がつきかねますが、どちらにせよ、神のみぞ知るです。
あなどることなく、「できる感染症対策は必ずする!」「油断しない!」が最善ではないか、と思います。

海外からの旅行者の受け入れの再開は、個人的には「本当に良かった!」と考えています。
もとに戻りつつあるのは喜ばしいことですが、塾としては、マスク着用・空気入れ替え・手洗い消毒・密を避けるなどは、徹底継続をしていきたいと思います。

今回塾生の中から陽性がでましたので、私も濃厚接触者にはあたりませんがPCR検査を受けてきました。
陰性でした。ご報告まで。

 

自宅学習期間を有効活用しよう

さて、陽性の塾生のお話に戻ります。

「この調子なら611日以降に、登校できる!」
とのこと。

陽性判定が出たころには平熱に戻っていたようで、さっそくその塾生とはZoomでお話をしました。
時間に余裕のある自宅学習期間の今は、勉強の習慣を身につけるチャンスです。

お話をした内容はいろいろあるのですが、中期の目標として、

    • 早い段階で、次回9月の定期試験範囲(数学)を終えてしまおう。
    • それが実行できることで、好きと言えない理社の勉強に時間をあてられるようにしていこう。

     

    その塾生は入塾1カ月程度で、お試しレッスン(無料・2週間)の時期は1時間の勉強が限度でしたが、最近は学校の宿題と合わせて、2時間以上勉強を頑張れる日が増えてきました。

    (当塾の1日の授業時間は1時間半~2時間ですが、席が空いているときは、2時間以上、頑張ってもらって構わないです、と保護者様にはお伝えしています)

     

    • 無料体験受付中|アイル学院 中野教室